〇〇ごときのくせに

Uncategorized

昔、ママ友が自分のパート先にいるフリーターの男の子の話をしている時、その子のことを

フリーターごときのくせに」と言った

フリーターごとき?フリーターがそんなにいけないのか?

専門学校を卒業して、就職できなかった私は、当時していたアルバイトをしながら生活していた

世間一般から見たらフリーターなのだろう

そのまま結婚したので、正社員経験はない それでも実家には毎月定額の生活費を入れ

自分の生活費は自分で賄っていたし、貯金もして、結婚資金も全て自分で用意した

それでも正社員経験がない自分に、引け目があったし、自己肯定感を下げている一つの要因でもあった

フリーターをしている人にもそれぞれの理由があると思う

やりたいこと、夢があり、それを実現させるためにアルバイトをしながら夢を追いかけている

例えばお笑い芸人を目指しているとか、漫画家志望とか

実際、バイト先にはバンド活動をしている人や、漫画家志望の子がいた

正社員と言う枠に縛られたくなくてという人もいるし、私みたいな過去のトラウマや、人間関係、精神的なもので、就職できない人もいるだろう

きっとママ友が言った「フリーターごときのくせに」って言うのは、きっとその子のことが気に入らないから出て言葉かもしれないけれど、聞いた時は心に突き刺さり、自分がフリーターだったなんて言えるわけもなく、やっぱりそうだよねって、さらに私の自己肯定感を下げた

今同じように悩んでる人がいたら

「正社員じゃないけれど、自分の生活費は自分で稼ぎ、貯金もし、誰にも迷惑をかけてないんだからって胸張って言えばいいんだよ、正社員だって、貯金もろくにしない、生活日も家に入れず、借金してる人だているんだから」って言えるのに

人には言えるのに、自分のこととなると、やっぱり正社員経験がない自分に自信がなさすぎて、こんな私はパートで雇ってもらえないんじゃないかって思ってしまうんだよね

結局は自分の問題なのもわかってる

それでも過去は変えられない 少しでも自分を好きになれるように今できることを一歩ずつ進んでいきたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました