専門学校時代のいやがらせ

Uncategorized

我が家は小さい頃からお金がないという風に育てられてきて

小学生時代はよくわからなかったけど、中学生になると、ことある毎にお金がないからという話があった

中学生になり、バスケ部に入りたいと言ったら

「シューズとかお金がかかるじゃない」

それ以上どうする事もできないので帰宅部

別にどうしてもやりたかった訳でもないけれど

高校受験を控え、志望高を決める時も、母の中では大学に行かせるお金もないし、女の子だから商業高校に行き、就職すればいいと思っている

でも私には専門職に就きたい願望があったので話すと、それも何だかんだ言われ諦める

結局、自分の行ける商業高校へ入学し、高校時代はバイトもして、遊びまくり楽しんだ

商業高校なので、就職する子が多いなか、どうしても自分のしたい道に行きたく、専門学校へ行きたいと言った

中学の時に進みたかった道ではないけれど、今度こそ、言いなりで就職したくないと言う反発心だった気もする

姉が短大に進学したからか?反対できなくてか?私は1年制の調理師学校へ入学した

調理師学校では高卒の同い年の子が多い中、社会人を経て入学してくる人もいるので、いろんな人がいて楽しかった

確か席が近かった関係で、女の子2人、男の子ふたりと仲良くなった 男の子ひとりは社会人を経て入学してきていたので5歳年上だったけど、すぐに仲良しになった

調理師学校には和食の講師の先生、西洋、中華の講師の先生がいて、それぞれに助手の女性の職員がいたのだけど、そこそこ若い(20代)ので、生徒との距離も近く仲良い感じだった

ある時、その助手の1人が私に「あなた〇〇君と付き合ってるの?」って聞いてきて

「えっ 付き合ってないです」

仲良くしてたのは間違いないけど、お互い本当に恋愛感情はなく、2人とも彼女がいたり、彼氏がいたりしていたから本当に??だった

その助手の先生は、その彼が好きだったんどと思う だから仲のいい私に嫉妬していたのかな

卒業を控え、グループで卒業制作を作る事があって

何故だか忘れたけど、学校を1日休んだ日があり、次の日学校へ行くと、卒業制作のグループが決められていた

私はどこにも入ってない…

冷静を装うも、泣きそうだった

先生、私昨日休んだので、グループ決まってないんですけど的な事を言ったと思う

あっそうなの?ってな感じでかわされたけど、とりあえず仲のよかった女の子のグループに入れてもらい、無事卒業制作を作り上げた

先生の態度が変わったのは、とある事情で私に彼氏がいるという事がわかってから

手のひらを返したように普通になった

でも私の心は相当ダメージを受けていた 子供の頃のいじめより、こんな大人になっても

こんな事をする人がいるっていうことがすごくショックで、人間不信になるひとつになった

コメント

タイトルとURLをコピーしました